アクセス解析
イメージ画像

最新情報

2011年10月5日必要な物
葬儀費用合計、前回調査比マイナス5.4万円
2011年9月17日火葬式
法事の常識
2011年9月10日必要な物
お彼岸とは・・・
2011年9月7日必要な物
お彼岸の常識
2011年9月1日家族葬
家族葬が行われました

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

葬儀費用合計、前回調査比マイナス5.4万円

葬儀費用が下がったのは何故だと思いますか?次のような理由が考えられます。

●シンプルな祭壇が好まれるようになった
戦後大型化が進んだ祭壇文化でしたが、90年代に入って少し陰りがみえはじめました。それまでの白木製ではなく、色とりどりの生花が飾られた祭壇が好まれはじめます。また、「画一的、使いまわしの祭壇にお金をかけたくない」という意見も多く、祭壇はできるだけシンプルに……という考えの人が増えてきました。

●事前に葬儀社を比較検討する人が増えた
葬儀の相談を事前にするのはタブーとされていた時代は過去の話。今では何かしらの形で事前相談する人の割合が80%とも言われています。その中の人すべてが葬儀の段取りや費用の詳細を決定しているわけではありませんが……。

今ではインターネットを利用して簡単に葬儀社の情報を得ることができます。引っ越し業者を決めるように、必要事項を入力して送信すれば、自動的に見積書が送られてくる葬儀社比較サイトもあるほどです。
事前に葬儀社を比較検討することで、費用の目安もつきますし、葬儀社の対応の良し悪しも見抜くことができます。
ちなみに、見積書の受取率は40.6%(平成15年)→65.5%(平成19年)と25%UP! 他の業界と比べるとまだまだ少ない数字ですが、葬儀業界では大幅に改善されたと言ってよいでしょう。

●参列者の人数が減って葬儀の規模が小さくなった
「葬儀は密葬で行いました。」そんな言葉をよく耳にしませんか?家族と親戚、親しい友人・知人だけを集めた小ぢんまりとした葬儀を希望する人が増えています。「派手にしたくない」「故人とゆっくりお別れがしたい」などがその理由。亡くなる人の高齢化も背景にあります。

タグ

法事の常識

法事とは

法事とは故人の冥福を祈り成仏を願って、寺院や自宅などで営まれる仏教的なセレモニーです。
法事のあとには会食の席を設けることが一般的です。

法事のスケジュール

本来は亡くなった日から、49日までの間(中陰)に7日ごとに法事を行うことがのぞましいが、最近は、初7日と49日忌(満中陰・忌明け)の法事を行い、他は省略される事が多い。 地域によっては、35日忌法事をする所もある。
※いずれも亡くなった日を入れて数えます。(地域によっては亡くなる前日から数えるところもあります。)

四十九日忌までの法事
初七日(しょなのか) ・・・ 7日
火葬後の遺骨迎えと合わせて行うことが多い。
二七日(ふたなのか) ・・・ 14日目
三七日(みなのか) ・・・ 21日目
四七日(よなのか) ・・・ 28日目
五七日(いつなのか) ・・・ 35日目
六七日(むなのか) ・・・ 42日目
七七日(なななぬか) ・・・ 49日目
『満中陰』といい仏教の教えでは、この日に故人の死後の行き場所が決まる重要な日と言われている。
49日法事は、死者の成仏を願って、近親者・友人・知人を招き、僧侶に読経して頂く。忌明けの挨拶状や香典返しをする。お墓に納骨する事も多い。(すでにお墓が有る場合)

お仏壇もこの日までに準備をすることが一般的です。

四十九日忌以降の法事
百か日 ・・・ 死去から100日目の法事
一周忌 ・・・ 死去の日から1年目の法事
年忌・祥月命日ともいう。 近親者や友人を招いて行います。
三回忌 ・・・ 死去から満2年の法事
三回忌からは回忌という数え方になります。
七回忌 ・・・ 死去から満6年の法事
七回忌以降の法事は家族、親族など内輪だけですることが多い。
十三回忌 ・・・ 死去から満12年の法事
十七回忌 ・・・ 死去から満16年の法事
二十三回忌 ・・・ 死去から満22年の法事
二十七回忌 ・・・ 死去から満26年の法事
三十三回忌 ・・・ 死去から満32年の法事
年忌法事は三十三回忌で、弔い上げとする事が一般的です。

※回忌の数え方・・・三回忌は亡くなって3年目(満2年)となります。三回忌以降は数え年となります。

法事の準備

法事2ヶ月位前に準備すること

●法事の場所(お寺・自宅・墓前)・日程を決める(忌日当日に法事が出来ない場合、忌日より早目の休日など招待客が集まり易い日を選ぶ。)
●日程が決まったら、お寺へ連絡する。
●会食を予定する場合、招待客の人数を考えて会場を選ぶ。 (斎場・会館・レストラン・ホテルなど)
●引き物を決める。
●招待する範囲を決めて、招待客リストを作成する。
●会食のときに献杯をお願いする方を決めて打診する。
●法事の案内状を作成する。 
※少人数の場合や、近い親戚の場合は電話での案内でも構いません。
●お墓に納骨する場合は、石材店に手配を依頼する。(戒名を彫刻する場合3週間程度が必要です。)

法事1ヶ月位前に準備すること

●案内状を送付する。(欠席の返事は2週間位前に届く様にする。)
※少人数の場合や、近い親戚の場合は電話での案内でも構いません。
●出欠の返事を見ながら、出欠人数(お料理の数)・席順・引き物の数などを関係先に連絡する。料理人数は何日前までなら変更出来るのか確認して置く。
●塔婆の本数を確認しお寺へ連絡する。
●お寺から、会食場所への移動方法・最終人数の再確認をする。(自家用車の台数・バス・タクシーなどを頼むのか送迎バスがあるかどうかの確認)

法事前日

●持参する物(お布施・お供物・お花・位牌・遺影写真・引き物)などを準備する。招待客人数の再確認チェック。

法要当日

●早めに会場に行って、お客様の到着を待つ。
●お布施・お供物・お花・位牌・遺影写真・引き物などを持参する。

法事の進め方

法事の流れ

僧侶の読経

遺族・親族の焼香

参列者の焼香

僧侶の法話

お墓参り

会食の席へ移動

会食の流れ

施主より簡単なあいさつ

献杯

会食

施主よりお礼と閉会のあいさつ

引き物を渡して解散

※僧侶が同席の場合、僧侶は上座へご案内する。 遺族は下座に着席、始まる前と最後に挨拶をする。

引き物について

法事のお礼として、招待客に贈ります。一世帯に一つ。(2000円~3000円程度の品)
●掛け紙・水引き・・・黒白・結び切り・のしなし(一般的)
●表書き・・・「志」「粗供養」が一般的。『志』は宗教を問わずに使うことが出来る。
『志』の下に施主の名前(通常:名字または○○家)を書く。

タグ

お彼岸とは・・・

彼岸会

お寺で故人の供養をすると同時に「六波羅密」の教えを会得する大事な行事です。
他の仏教国にはあまり見られない行事ですが、古来の民俗信仰とも深く結びついた「盂蘭盆会」や「施餓鬼会」と共に仏教の年中行事の中でも最も一般的に盛んに行われています。

お墓参り

お墓参りは、ご家族みんなで出かけましょう。お墓は家族全員でお守りしていくべきものです。両親がご先祖様を祀る姿は後の世代に受け継がれてゆくことでしょう。

【持ち物】

※お墓参りに行くときには予め用意しておきましょう。

●お線香
●ろうそく
●マッチ (ライター)
●お花 (昔は“しきみ”が主に使用されていましたが、最近では四季折々のお花をお供えする方が多いようです)
●お供物 (お菓子や果物、故人の好きだったもの等)

【お掃除】

お墓参りに行ったらまず、お墓の清掃をしましょう。雑草が生えていたり、ゴミが散らばっていたりしては仏様に申し訳がありません。

●墓石は水をかけて洗い流します。
●水鉢や花立、香立てはゴミがつまりやすので丁寧に洗います。
●墓石の彫刻部分は、歯ブラシで細かい汚れを落とします。
●洗い流したら、タオル等で水気を拭きとります。

【お供え】

●お菓子や果物は直接置かず、二つ折りした半紙の上に置きます。
●水鉢にきれいな水を入れます。
●花立てに供花の長さを整え、お供えします。

タグ

お彼岸の常識

お彼岸とは・・

「彼岸」はサンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれ、煩悩と迷いの世界である【此岸(しがん)】にある者が、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「悟りの世界」すなわち【「彼岸」(ひがん)】の境地へ到達することが出来るというものです。

太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられていたのです。

お彼岸の期間

春彼岸 : 毎年3月の春分の日をはさんで前後3日合計7日間
秋彼岸 : 毎年9月の秋分の日をはさんで前後3日合計7日間

*** 2011年秋のお彼岸の日程 ***
彼岸入り:9月20日
お中日 :9月23日(秋分の日)
彼岸明け:9月26日

それぞれの初日を「彼岸の入り」終日を「彼岸のあけ」といい春分の日、秋分の日を「お中日」といいます。

お彼岸の迎え方・準備

 

- お彼岸を迎えるには次のような準備をします -

●お仏壇、仏具の掃除
●お墓の掃除
●供花やお供え
果物・菓子などの他、精進料理をお供えする
 ・春は牡丹の花にちなんで牡丹餅と言います。
 ・秋は萩の花にちなんでおはぎと言います。

現代では現金を包むことを指す「お香典」ですが、本来はお香(お線香)を届けたことに由来します。
お仏壇やお墓にお参り出来ない時や、他家に伺う時はお供えの他にお線香を届けましょう。

●お墓参りするときは事前にお寺様または、霊園の管理事務所等に卒塔婆をお願いしておきます。(宗派によっては不用のところもあります)

タグ

家族葬が行われました

    先日行われた家族葬です。

    50代の女性の方でしたので

    祭壇は華やかにしてほしいという

    ご希望でした。会葬者は100名程

                     でした。

タグ

家族葬を行いました

 

   この度はお父様を亡くされまして、

   家族葬にてご依頼を頂きました。

   親しい方がたくさんお集まりになり

   多くの会葬者に見送られてのお別れ

   となりました。

タグ

斎場葬が行われました

 

   先日行われた斎場葬です。

   お父様を亡くされまして、

   ご依頼を頂戴致しました。

   会葬の方は50名程でした

   ので斎場葬プランでした。

   斎場葬プランは通夜式と

  告別式と行い498,000円となっております。 

  最期のお別れにあたり、

      お身内の皆様のお役に立てましたことをうれしく思います。           

 

  

    

タグ

喪主とは?

喪主は故人の代理人であり、葬儀を主催する責任者をいいます。

葬儀を行うにあたり、必ず喪主を決定しなければなりません。

喪主は故人に近い人から順に、まず故人の配偶者、次に子供や

親が務めるのが一般的です。配偶者も子供もいない場合は、

兄弟等血縁者でふさわしい人が務めます。また、配偶者と長男、

もしくは子供たちが共同で喪主を務めることも可能です。

故人が血縁者に縁が薄い場合は、友人や知人などが喪主

代理になっても良いです。故人の友人や知人が喪主の代理を

務める場合は、喪主ではなく、「友人代表」や「世話人代表」とするのが一般的です。

タグ

お彼岸とは

“お彼岸”の“彼岸”とは、“向こう岸”という意味。この意味を“あの世”と解釈し、この世から川の向こうの悟りの世界へ渡る為、教えを守り、行いを慎む期間とされていました。

現在は春分の日・秋分の日と結び付けて、お墓参りをする年中行事になりました。

☆その他 季節の区切りとしても使用されています。

「暑さ・寒さも彼岸まで」と言われているように、春分・秋分の日の太陽が真東から上がって真西に沈むことから、“西方極楽浄土”の信仰と結びついた、日本独自の仏教行事でもあります。

タグ

いざという時のために礼服を用意しましょう

葬式などは当然ですが突然起こります。

用意してたのかと言われないように通夜式ではどんな服装でも大丈夫ですが、大人の場合はそうは行かない事が多いです

なのでいざという時のために礼服は用意しておいた方が良いです。

礼服は紳士服のコナカや、洋服の青山などの紳士服屋に売っていますが非常に高いです。

最低でも3万円で上下揃えると5万円近くなります。

最近ではインターネットでも買えるのでネットで見つけると2万円くらいになります。

インターネットでなんでもそろう時代です。

葬儀などもインターネットで安い場所を見つけ賢く過ごしましょう。

タグ

このページの先頭へ