アクセス解析
イメージ画像

最新情報

2011年10月5日必要な物
葬儀費用合計、前回調査比マイナス5.4万円
2011年9月17日火葬式
法事の常識
2011年9月10日必要な物
お彼岸とは・・・
2011年9月7日必要な物
お彼岸の常識
2011年9月1日家族葬
家族葬が行われました

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

家族葬を行いました。

先日行われた家族葬ですが、ご遺族からのご要望でなるべく価格を抑えたいとのご要望でした。

当社では498000円になり、それ以外の価格は頂きません。

家族葬でしたので返礼品なども不要でしたが充分な葬儀ができております。

こんかいは30名ほどのご参加でしたが、問題なく終わる事ができました。

葬儀が終わってからも、いろんな手続きが実はあります。

早めに申告しないとならない事が多いのですが、当社ではアフターフォローも充実しておりますのでぜひご利用くださいませ。

タグ

友人葬

 

 先日ある斎場で行われたのは、友人葬でした。

 通夜式・告別式と執り行われました。

 創価学会の方の場合は、一般的な葬儀と

 少し違いがあります。僧侶を手配せずに会葬に

 来られた方々で故人をお送りするスタイルでした。

 

タグ

葬儀のマナー一般について①

 

  葬儀には、様々なマナーが存在します。けれども葬儀は、

 日常においてそんなに頻繁に行われるものではありません。

そのため、葬儀についてのマナーやしきたりについて、よくわからない

という方がほとんどだと思います。葬儀は、故人にとって人生最後の

イベントですし二度と行われることのない大切な儀式。ですから

マナーをしっかりと守り、失礼のないように行動しなければなりません。

 

タグ

生命保険の手続きについて②

 

  ●申請に必要なもの

   [保険証書] [保険領収書(最終分)] [死亡診断書] [受取人印鑑] 

   [印鑑証明書] [被保険者除籍抄本] [保険受取人戸籍抄本]

  ●保険金の受取

   書類が揃っていれば通常5日以内に銀行口座に振り込まれます。

   自殺や事故死の場合は保険審査はより慎重になり、これら必要

   書類の他警察の事故証明、事故の新聞記事などが必要になります。

   ※生命保険には郵便局の簡易保険や、勤務先の団体生命保険、

     経営者の経営者保険保険などがありますが申請手続きや必要

     書類がそれぞれ異なります。事前にその方法や必要書類を

     確認して下さい。 

   ※また住宅ローンの契約者が亡くなると、生命保険会社で残債が

     支払われます。住宅金融公庫の住宅ローン生命保険がついて

     いれば、同じように残債が支払われるので必ず申請して下さ

     い。

タグ

生命保険の手続きについて①

 

  生命保険の受取申請は死亡後2ヵ月以内(3年以内に申請手続きがない

  と受け取る権利が消失)に行います。申請前に契約している保険会社

  に死亡の連絡をしますが、まず被保険者名・死因・死亡月日を知らせ

  ます。その連絡を受けて保険会社から「死亡保険金請求書」が送られ

  てきます。から所定事項を記入し、必要書類を添えて提出します。

  

タグ

葬祭費などの受給手続き②

 

  ※埋葬料(国民健康保険の葬祭費に該当)の支給額は

    被保険者の給与の1ヵ月分(10万円から17万円の

    範囲内)です。健康保険加入者の扶養家族が亡く

    なった時の申請手続きは本人の場合とほぼ同じで

    すが、埋葬料の支給額は一律10万円と決まって

    います。

  ※葬祭費と埋葬料は亡くなった日から2年以内に申請

    しないと受給権利がなくなってしまいます。

    申請者の銀行口座に支給額が振り込まれるのは、

    2~3週間前後ですが、必要書類が不備だともちろん

    それ以上の日数が必要です。

タグ

葬祭費などの受給手続きについて①

 

  ●国民健康保険加入者が亡くなった場合

   管轄の市区町村役場の国民健康保険課に申請。

   申請には被保険者(死亡者)の保険証と印鑑で、

   支給額と支払方法は市区町村によって異なります。

  ●健康保険加入者が亡くなった場合

   所轄の社会保険事務所か勤務先で申請。申請には

   勤務先事業主の証明、死亡診断書か埋葬許可証。

   被保険者の保険証、印鑑などが必要です。 

タグ

公的年金の諸手続き その3    (死亡一時金)について

 

  死亡一時金の支給について

  保険料を3年以上納めた人が老齢・障害基礎年金のいずれも受けずに

  死亡し、遺族基礎年金を受けられない時、保険料を納めた年数に

  応じた一時金が支給されるものです。

 ●申請に必要なもの

  国民年金手帳、戸籍謄本、住民票(家族全員)、死亡一時金裁定申請

  書など 

 ※故人が公務員や教員などの共済年金に加入していた場合、その遺族に

  遺族共済金が支払われます。

   共済年金制度は厚生年金制度に準じていますが、運営組織により内

   容が異なる場合があります。加入期間や年収、扶養家族の人数など

   によって手続きの方法、支給額などが異なるので、詳細は加入先に

   問い合わせるなどして確認することです。

 ※遺族年金などの請求期限は遺族基礎年金、遺族共済年金、寡婦年金

   が、死亡後5年以内、死亡一時金は死亡後2年以内に請求しないと

   受給権利が消失してしまうので気をつけること。支給は申請後3ヵ月

   くらいで、年4回に分けて2月、5月、8月、11月に支給されます。   

   

  

タグ

公的年金の諸手続き その2    (国民年金)について 

 

  故人が国民年金に加入していたら、遺族基礎年金

  寡婦年金、死亡一時金のいずれかが支給されます。

 ●遺族基礎年金の支給対象者は18歳未満の子

 ※18歳未満の子で、故人が年金を25年以上納めていた場合、あるいは

   納付期間の3/2以上の年金を納めている場合。

 ●申請に必要なもの

   国民年金手帳、戸籍謄本、住民票(家族全員)、死亡診断書、銀行

   預金通帳など

 ●寡婦年金の支給対象

   婚姻期間が10年以上の妻で、夫が老齢基礎年金の受給資格を満た

   していながら65歳未満で死亡した時、その妻に5年間支給。

 ●申請に必要なもの

   国民年金手帳、戸籍謄本、住民票(家族全員)、銀行預金通帳など

   

 

タグ

公的年金の諸手続き その1    (厚生年金)について

 

   故人が厚生年金に加入していたら、遺族に遺族厚生年金が

   支給されます。

 ●支給対象

   18歳未満の子のある妻または18歳未満の子

   18歳未満の子のない妻、55歳以上の夫

   父母・祖父母あるいは18歳未満の孫(配偶者のない場合)

 ●必要な書類

   故人の厚生年金手帳または被保険者証

   戸籍謄本/住民票(家族全員)

   死亡診断書、請求者の所得証明書、印鑑など

  ※故人が勤務中に亡くなった時は、勤務先の総務担当に社会保険事務

   所への手続きを依頼します。

  ※受取人の年収が600万円未満でないと受給資格はありません。                                         

   

タグ

このページの先頭へ