アクセス解析
イメージ画像

家族葬を行いました

 

   この度はお父様を亡くされまして、

   家族葬にてご依頼を頂きました。

   親しい方がたくさんお集まりになり

   多くの会葬者に見送られてのお別れ

   となりました。

タグ

斎場葬が行われました

 

   先日行われた斎場葬です。

   お父様を亡くされまして、

   ご依頼を頂戴致しました。

   会葬の方は50名程でした

   ので斎場葬プランでした。

   斎場葬プランは通夜式と

  告別式と行い498,000円となっております。 

  最期のお別れにあたり、

      お身内の皆様のお役に立てましたことをうれしく思います。           

 

  

    

タグ

喪主とは?

喪主は故人の代理人であり、葬儀を主催する責任者をいいます。

葬儀を行うにあたり、必ず喪主を決定しなければなりません。

喪主は故人に近い人から順に、まず故人の配偶者、次に子供や

親が務めるのが一般的です。配偶者も子供もいない場合は、

兄弟等血縁者でふさわしい人が務めます。また、配偶者と長男、

もしくは子供たちが共同で喪主を務めることも可能です。

故人が血縁者に縁が薄い場合は、友人や知人などが喪主

代理になっても良いです。故人の友人や知人が喪主の代理を

務める場合は、喪主ではなく、「友人代表」や「世話人代表」とするのが一般的です。

タグ

お彼岸とは

“お彼岸”の“彼岸”とは、“向こう岸”という意味。この意味を“あの世”と解釈し、この世から川の向こうの悟りの世界へ渡る為、教えを守り、行いを慎む期間とされていました。

現在は春分の日・秋分の日と結び付けて、お墓参りをする年中行事になりました。

☆その他 季節の区切りとしても使用されています。

「暑さ・寒さも彼岸まで」と言われているように、春分・秋分の日の太陽が真東から上がって真西に沈むことから、“西方極楽浄土”の信仰と結びついた、日本独自の仏教行事でもあります。

タグ

いざという時のために礼服を用意しましょう

葬式などは当然ですが突然起こります。

用意してたのかと言われないように通夜式ではどんな服装でも大丈夫ですが、大人の場合はそうは行かない事が多いです

なのでいざという時のために礼服は用意しておいた方が良いです。

礼服は紳士服のコナカや、洋服の青山などの紳士服屋に売っていますが非常に高いです。

最低でも3万円で上下揃えると5万円近くなります。

最近ではインターネットでも買えるのでネットで見つけると2万円くらいになります。

インターネットでなんでもそろう時代です。

葬儀などもインターネットで安い場所を見つけ賢く過ごしましょう。

タグ

このページの先頭へ